« 蕁麻疹 | トップページ | 迷い »

2013年3月16日 (土)

緑茶、コーヒーで脳卒中リスク減=8万人追跡調査―循環器病センター

 時事通信 3月15日の記事です。コメントは後ほど。

 緑茶やコーヒーをよく飲む人ほど脳卒中になるリスクが軽減されるとの調査結果を、国立循環器病研究センターなどがまとめ、米医学誌「ストローク」(電子版)に発表した。
 調査は1995年と98年に、岩手、新潟、長野、高知、長崎、沖縄県などにある九つの保健所管内の45~74歳の男女約8万2000人を対象に実施。緑茶および缶コーヒーを除くコーヒーの摂取頻度のアンケート調査を行い、2007年末まで追跡調査したところ、うち3425人が脳卒中を発症していた。
 緑茶の摂取頻度で発症リスクを比較したところ、頻度の最も少ない「飲まない」人に比べ、最も多い「毎日4杯以上」の人は20%、「毎日2、3杯」の人は14%リスクが低かった。
 コーヒーでは、「飲まない」人に比べ、頻度の最も多い「毎日2杯以上」で19%、次いで「毎日1杯」で20%、「週3~6日」で11%、それぞれリスクが減った。
 また、緑茶もコーヒーも両方飲まない人と比べると、緑茶を毎日2杯以上飲むか、コーヒーを毎日1杯以上飲むと、脳卒中のリスクがそれぞれ約3割低下した。 
 同研究センター予防健診部の小久保喜弘医長は「あくまで推察だが、緑茶カテキンは抗凝固作用などで血管を保護し、コーヒーは血管の詰まりの危険因子である高血糖を下げるといわれるクロロゲン酸がリスク軽減に関与しているのかもしれない」と話している。




 私の感想ですけど、あくまでもリスクが減ると言うだけで、なくなると言う意味ではありません。
 健康管理士を始めた頃、緑茶に含まれるカテキンは最強だと教えられましたが、三度の食後の他にも緑茶を飲む習慣があった私の父親が生活習慣病になりました。効くこととリスクが減ると言うのは違います。それ以上に病気になる生活習慣をしていれば、病気になりますし、進行もします。
 情報を勘違いしないように気をつけて下さい。

|

« 蕁麻疹 | トップページ | 迷い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130682/56962821

この記事へのトラックバック一覧です: 緑茶、コーヒーで脳卒中リスク減=8万人追跡調査―循環器病センター:

« 蕁麻疹 | トップページ | 迷い »