2013年4月 1日 (月)

コハクチョウの季節

 毎年秋と春先にはハクチョウが来ます。
 今年もその季節が来ました。
Img0431_2  カメラの望遠で狙ってみたのですが、合成写真みたいに見えます。
 縮小しないでアップしました。

 もう少し雪が溶けたら、田んぼでくつろぐ姿が見られると思うので、またアップしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

ホオジロガモ

Hoojiro  旭川市の石狩川で撮影しました。
 潜水ガモでどちらかと言うと動物質の食べ物を好みます。今頃の旭川で見られます。
 今までは双眼鏡で観察していたのですが、先日カメラとレンズを買ったので、撮影にトライしてみました。
 800mm相当のレンズで、さらにトリミングしたものです。
 最初に発見した時は感動しました。
 とてもユニークな求愛行動を見せてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

鶏の卵、メスからオスに性転換…北大チーム成功

 一昨日の読売新聞2月13日(水)の記事です。
 鶏のメスとして生まれるはずの卵をオスの卵に性転換することに、北海道大の研究チームが成功したと発表した。
Img02  これってすごい研究だと思いますね。
 人への応用は賛否別れると思いますが、家畜に関しては、とても興味深いことだと思います。
 理屈ではわかっていても、実際に成功したと言うことがすごい。
 これが日本の北海道大学ですよ。
 生物の世界もiPS細胞など、どんどん進んできますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

コガモ

 子ガモではありません。
 コガモと言う名前のカモです。
Koogamo  旭川の永山新川と言うところにカモがいるんですが、たくさんではないけど、コガモもいます。
 小型のカモなので、すぐに見つけられますが、他のカモに比べて多くはいません。
 この写真は昨日撮影したものですが、割と綺麗に撮れたと思っています。

 旭川は北海道でも割と野鳥の種類が多いところなんです。旭山や嵐山、それに川が多いので水鳥もいますし、渡り鳥のコースにもなっているので、年間を通じて野鳥観察が楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

ツシマヤマネコ、アルツハイマーに? 脳に神経変化

 毎日新聞 10月5日の記事です。

 ヒト特有の病気とされるアルツハイマー病とよく似た脳内の変化が、長崎県・対馬だけに生息する国の天然記念物、ツシマヤマネコでも起きることが、東京大などの研究で分かった。08年には動物園で死んだチーター2頭でも同様の変化が見つかっているが、イヌやサルからは見つかっていない。研究グループの中山裕之・東大教授(獣医病理学)は「ネコ科は特殊な病気の進化をたどった可能性があり、家猫でも調べたい」と話している。

 認知症の原因となるアルツハイマー病は、アミロイドという物質が脳に蓄積することで脳内に「老人斑」と「神経原線維変化」という二つの変化が表れる。研究グループは、死んだツシマヤマネコ14頭(生後3日~15歳以上)の脳を調査。6頭にアミロイド蓄積があり、うち5頭に神経原線維変化が見られた。一方で、老人斑は見つからなかった。

 論文は、3日付の米科学誌プロスワンに掲載された。


 と言う記事なんですけど、とても興味深い内容なので、今後も追いかけたいと思います。
 知り合いの飼育係さんから聞いた話では、飼育下のエゾヒグマでもボケのようなものが出る個体があるようだけど、獣医じゃないから確認はしていないと言う話を聞いた事があります。進化の過程では食肉目のネコ科とクマ科はイヌ科よりも近いとされていますよね。

 問題は飼育下なのか野生なのかなんですよね。人工的なものを加えているのか、または環境等の変化で発生しているのか、もう少し詳しく調べてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)