2012年1月 8日 (日)

熱帯魚飼育

 私は昔から熱帯魚の飼育に憧れていた。職場の先輩が特注の水槽を作って、水草をレイアウトし、すごく綺麗で癒された。
 ただ初期投資に少しお金がかかるのと、先日も書いたけどうちの水が悪いので我慢していた。

 しかし新しい職場の上司が水槽一式をくれるという話が出て、もらってきたことがきっかけで飼い始めた。一番困ったのが水だったが、一番近い公園にポリタンクを持って行って・・・・・・頂いてきた。スミマセン。

 付き合いのあったショップの人に相談したり、雑誌買ったりして、いろいろやってみた。私は小さい魚をたくさん飼うのが好きなので、テトラを数種類泳がせた。ほとんど底にいるコリドラスという魚は、下に落ちた餌を食べてくれるので、掃除屋として2・3匹入れた方が良いと言われた。しかし飼っているうちに私はコリドラスが大好きになった。調べてみると、コリドラスを主役と考えている人はけっこう多く、私も何種類かを飼ってみた。
 一昨年は卵を産んで孵化させるところまでいった。残念ながら大人にまではならなかった。
 写真はうちのコリドラス・スティルバイです。Fish

 ところで熱帯魚専門店だとちゃんと指導してくれるが、ホームセンターなどでは水槽セットと魚を同時に買っていく人が多く見られる。これは間違いなのだ。
 嫁さんのお姉さんもグッピーが好きで飼っているんだけど、よく死ぬんだと言う。遊びに行った時にいろいろ話を聞いていたら、水替えをずいぶんまめにしていて、フィルターのスポンジや綿も水道水でしっかり洗うと言う。実はそれがいけないんだと言った。フィルターのスポンジや綿自体で水を綺麗にするわけではなく、そこにバクテリアが生息して汚れを食べる。だからスポンジなどを綺麗にしすぎるとバクテリアがいなくなり、水がろ過されなくなる。
 通常、セットを買ってきて魚を入れる前の状態にしてから私は10日から2週間ぐらい水をまわす。それでフィルターにバクテリアを発生させてから魚を買う。水換えも私はそんなにまめにはしていない。人間の感覚で綺麗な水と魚が住みやすい水とは違うんですよね。

 最近は海水魚のコーナーも増えてきた。興味はあるけど、まだ手を出していない。私はカラシン(テトラ)とコリドラスに水草を入れる水槽が好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)