2013年1月 8日 (火)

卓上LEDライト

Led

 節電が騒がれている北海道。
 と言う訳でもないんですけど、パソコンの周りだけ灯りがあればと思って購入しました。
 SANWA SUPPLY USBクリップ式LEDライト USB-TOY66と言うもので、これが三段階調節で予想以上に明るく、使える!

 電源は乾電池も使えるが、パソコンのUSBから取れる。クリップ式ではあるが、卓上にそのまま置いても安定しているし、ライトまではフレキシブルに動くので、とても使い勝手が良い。
 Amazonでいくつかの画像があるので、それを見れば様子が分かると思う。

 部屋の灯りを消しても、このライトだけで充分仕事ができる明るさだ。
 久々に予想を超える良いものに出会えた。お薦めの一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

サーキュレーター(夏編)

 なかなかタイミングが悪く延び延びになったこのネタですが、今度は夏バージョンです。
 以前、12月に書いたサーキュレーターですけど、この時は冬で、暖房を炊いている部屋の上の方が温かいので、その空気を回そうという考えで使い始めました。
 でも夏でも結構活躍してくれるものです。扇風機よりも涼しく感じますね。風が強く直線的に飛んで来るので、結構助けられました。
 我が家の居間の大きな窓は南向きですが、短い庇を作ってあるので、夏は太陽が高い分、陽が冬ほど入って来ないんです。また窓の先が庭で緑があるので、良いのかも知れません。

 それと卓上の小さなサーキュレーターがあるんですけど、以前のノートパソコンはすぐ熱を持って固まっていたので、サーキュレーターを使っていたんですよ。よく市販のパソコンの下から風を送るフアンでは全然間に合わないほどでした。
 パソコンを買い替えて、使い道を考えていたんですけど、これも意外と使えるんですね。少しぐらい離れていても、動かさないと暑く感じます。夜は小さい分省エネなので、網戸にして窓際に置いておきます。

 と言っても、本州の方だと扇風機は暑い空気がまわるだけだと聞いたんで、応用できないかも知れませんね。でも扇風機よりも涼しく感じますけどね。
 このブログの左上の「暑さ・節電対策ストア」のバナーからAmazonに入れますので、参考にしてみて下さい。


2011年12月12日 (月) サーキュレーター
http://asahikawa-kenkou.cocolog-nifty.com/kenkoujouhou/2011/12/post-79bc.html


2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

 うちには親父の唯一の趣味で作った庭がある。それほど大きなものではないが、何年かに一度剪定をしてもらうんだけど、今年はなぜか最高に綺麗に見える。

 その庭を造ってくれた人が先日亡くなったんです。親父が行けないから、私が行ってきました。
 私が高校生の時に家を建て替えた時と同時に造った庭でもう30年になる。先祖代々植わっていた大きな松を移動して、その松を中心にレイアウトして作ってくれた。その時にその人が「おにいちゃんがお嫁さんをもらって子供が遊び回る頃には立派な庭になるように造るからな」と言われた。私は「今、格好良くないとダメじゃないのか」と少し不満を持った。だって見た感じ、木は小さいし、まばらだし、石などはそれなりにカッコいいとは思ったけど、みすぼらしく感じた。

 向かいの親父は何かと他の家よりも自分の方が一番だと思いたがったり、やったりするタイプで、うちに対抗してまもなく庭を造ったが、木をたくさん植え、花を植え、コケを生やし、うちの池は水を入れず白い石をつめた空池とでも言うものだったが、隣は錦鯉を飼うほどの池を作った。明らかに向かいの庭の方が格好良かった。

 しかし今見てみると間違いなくうちの方がすばらしい庭になっている。ベランダから裸足で石の上を歩いて、庭を一回りすると、気持ちが落ち着く。最初に植えた木がまばらだったはずが、成長した事でちょうど良いバランスになっているし、種類が少なくても木自体の形が良いので、何とも言えない風情を感じる。

 余談ですけど、隣は大変ですわ。結局半分以上の木を切り倒して、木が生い茂るから花なんか育つわけもなく、池はコンクリート製にしたので、冬の冷え込みで一年で壊れ、今は木を数本残して、他は整地して鉢植え花を置いていますね。

 頭から違う人間だと思っているので、ライバルだとか、負けたくないとは思っていませんけど、隣のうちにないものでうちにあるものは、年金生活の親を観てくれる一人息子夫婦が一緒に住んでいるかいないかですね。

1b


1a_2

 写真は雨の日のものを使いました。横長の庭なので、全体を撮影するのが難しいです。とりあえず自分が気に入っているところを載せました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

うちの裏側

Yuki_2もう4月だと言うのに恐ろしいほど雪が積もっています。
 東京では桜が咲いているのに、私の家の裏側はこんな状態です。窓が隠れています。
 ゴールデンウィークまで溶けるのだろうか?

 雪の積もり方は多いところと少ないところがあり、日が当たるところと影になるところがあります。写真は北側なので日が当たりません。でも西日が少し当たります。地面が見えると雪割りをしたら良いんだけど、まだそれどころじゃない。
 この雪の向こうに畑があってビニールハウスがあります。まるで探検のようです。遭難するかも知れない(笑)。

 まぁ、家の造りが問題で、うちは隣近所が近くないので玄関前に落ちなければ、こういう屋根でも良いのです。でも街中だと隣の家が近いので、最近では無落雪住宅が増えてきました。

 どちらが良いんでしょうね? コストはうちみたいな屋根は何年か毎にペンキを塗らないと雪が落ちないんですよね。無落雪は最近はそれほど聞きませんが、防水をしっかりしていないとまずいですよね。一冬雪を積んでおくわけですからね。

 でも北陸や東北から見ると、まだ良いのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

上水道

 実は我が家には数年前まで上水道が通っていなかった。私が生まれる前から地下水をくみ上げて使っていたが、鉄分が含まれていた。何度かボーリングをし直したが、良い水源には当たらなかった。
 また蛇口から出てくる水に対して、いろいろ試してみた。市販のろ過するものをつけてみたけど、どれもダメだった。何度もインチキ臭い物売りが来た。中には試しで良いのでということで、浄水器をつけて行った。説明では年に一度のフィルター交換ということだったが、2週間で水の出が悪くなった。それで外して欲しいと会社に連絡したら、フィルターを代えればと言われたので、一年に一度ならまだ我慢するけど、月に二回も取り替えるとなると、コストが高すぎる。それより完全には取り除かれてはいないのだ。と言うのも、緑茶にうちの水を入れるとバイオレットフィズのような紫色に変化する。

 また水道管の外に強力な磁石を付けて、鉄分を吸着するという製品を持ってきた業者もいた。吸着した鉄分は空気中に放出するという。でも水道管の中の鉄分がどうやって水道管の壁を通って外に出てくるんだろうと聞いたら、何も言えなくなっていた。試しにやってもらったが、緑茶は紫色に変わった。

 鉄分とは言うが、地下からくみ上げるまでは透明なのだが、酸素に触れると酸化して変色する。コップに水を入れたときはあまり感じないが、10分も経つと濁ってくるのだ。飲んでみても独特な味がする。また洗濯も困る。白いものは何度か洗うと薄い赤茶色に変色してくる。そのうち生地が弱くなって簡単に破れるようになる。

 ちなみに北海道で調査が入った時、うちの水は飲用不可と言われた。あと2倍の量があれば温泉だと笑われた。こちらとしては笑い事ではない。じゃあ何とかしてくれと言ったら、それは私に言われても・・・と言われた。ようはうちは調べる係で、上水道に関しては旭川市に言ってくれという。
 それから上水道を引くには紆余曲折があって、何年もかかった。

 現在では良い浄水器に恵まれて美味しい水を飲んでいる。塩素は完全に取り除かれているし、浄水器を通した水を熱帯魚の水槽に入れても平気なほどだ。
 また洗濯も毎日できるようになった。昔は布が変色するので、着たい色の服が選べなかったり、部屋着はひどいものを着ていたが、今は真っ白なTシャツが着れる。

 ただひとつだけ、お風呂は鉄分があった頃の方が身体の温まり方や冷え方が違う。近くに鉄分を含んだお風呂屋さんが流行っているくらいだから。特にこの時期は昔のお湯に入りたいと感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

水道管の水が凍りました

 日付が変わったので昨日の朝ですけど、うちのところで-21.5℃でした。
 久しぶりに冷え込んだなぁ。車に乗ると寒くて寒くて・・・。パワーステアリングも鈍いし、室温もなかなか温まらない。
 でも朝から雪はねするよりはまだ良いと思う。
 
 で、帰ってくると、水道が出ない。全部ではないんだけど、一系統が凍ってしまった。
 洗濯機とトイレの手洗いの水道なんだけど、不便と言うよりそのままにしておくと水道管が破裂し、大変なことになるので、すぐに対処しなければいけない。4時間ぐらいドライヤーで暖めていたけど出ない。

 そこで友達の業者に頼みました。専門の業者に頼むと1万5千円ぐらいかかるんですよね。でも友達だからお金はいらないって言われた。後日何か持っていこうと思う。
 それにしても「餅は餅屋だ」と思った。プロの仕事です。見た瞬間、ここでしょうねと言って、やかんのお湯をかけたら一発でした。風の流れと配管の状況を見たらわかるんですって。
 専門職の人って深いですよね。恐れ入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

サーキュレーター

 今まで扇風機とサーキュレーターの区別がついていなかった。Feel
 それが先日、北海道のローカルテレビで冬の省エネ対策に役立つと特集されていた。
 ストーブを使うと暖かい空気は上に上がるために、体感で心地いい温度になったころは天井に近いところはもっと暖かい。そこでサーキュレータは風を直進的に送ることができるので、ストーブの上の天井に向けておくと、部屋の空気が循環して省エネになるという。

 うちは集中暖房ではあるが、少しづつ隙間風のようなものが入ってくるようになり、居間にはストーブを置いている。
 そこで今日早速試してみた。安いものを買ったので音は気になるが、思ったよりははるかに効果的だと感じた。足元が寒いと言うことがなくなったし、部屋全体的に寒い場所がなくなった。線香の煙で確認してみたが、空気がまわっている。ストーブの火力もひとメモリ小さくしても良くなった。快適です。
 冬にストーブを使う方はサーキュレーターの併用がおすすめです。

 それでも子供の頃の古い家は悲惨でした。断熱材もなかったし、土壁と板を貼り付けたもので、隙間風もすごかった。試験勉強するのに自分の部屋にポータブルストーブつけていて、深夜に消して朝起きると、部屋の隅に火の用心のために置いてあるバケツの水に氷が張っていた。風呂場のシャンプーが凍ったり、隣の部屋においてある卵が凍ったり、今なら考えられないですよね。それでも凍死しなかったんだから、人間はすごいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)