2013年1月 7日 (月)

お辞儀

 テレビでサッカー選手である長友選手のお辞儀がイタリアで話題になっていると言う話を見た。
 当たり前の話だが、海外では習慣の違いがあるために、挨拶など違いがある。握手をしたり、頬と頬を合わせたり、中にはハグをすることもある。

 話を聞いていると、昔はお辞儀と言うものに対して、良いイメージがなかった時もあったようだ。
 しかし日本人の謙虚さや相手を敬う想いが現れているということで、見直してくれている人や、理解してくれる人が増えていると言う。

 日本で正座をして扇子を手で押さえながらお辞儀をすると言うことがある。これには謂れがあって、お侍さんの時代、上下関係がはっきりしているために、上の人に話をする際に、話を聞きたくないと襖を閉められたりすることがある場合でも、扇子を敷居に置いて襖を閉められないようにするためと、襖で首を挟まれ、切られないようにするためだと聞いたことがある。

 動物的に考えると、相手から目を離すと言うことは、油断することになり、危険なことである。まして頭を見せると言うことは、さらに危ないことだと思う。そういう考えで行くと、相手の目を見て握手をすると言うことは、目の動きや握手の時の感触などで、相手のことを探る方が理に適っているような気がする。

 でも私はお辞儀をする時に気持ちを入れると言う行為が好きである。会えた嬉しさや、どんな相手であろうとまずは相手を敬う気持ち、言葉よりも頭を下げることで伝えたい感謝やお詫びの想いなど、色々な時に使える良い習慣だと思っている。
 子供の時に親が人に対してペコペコしていた姿が、なんとなく嫌だった時期もあったが、姿勢よりもそう言う気持ちを持つことが大切なんだと思える年齢になって来たのかと感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

それって英才教育?

 昨日も書いた義姪の子供さん。まだ2歳なんだけど、親のスマホで写メを撮るのが好きなんだそうです。
 へぇ〜程度に聞いていたんだけど、写した画像見せてもらうと「すごい!」って思いました。説明が難しいんだけど、なんか「良い写真だなぁ」って思うんですよね。同じアパートに住んでいる人やら、ママ友の中でも有名で、これはもしかしたらと本当に思いますよ。
 子供の感性って正直だから「これが撮りたかったんだ」と言うのがすごくよくわかるし、それがトリミングしたように、バランス良く画像になっているんですよね。
 私は高校時代、写真部にも入っていたけど、安く仕上げるために白黒フィルムを自分で現像して、学校で暗室にこもって写真に現像していました。それでもフィルム一本36枚の写真撮って、これは上出来って言う物が一枚あれば良い方だった。ちょうどその頃に「連写」というものが出てきたんですよね。私のカメラでは、別売りでカメラに取り付けるもので、1秒間に最高5枚だったかな? でもコスト考えたら、あっても使わないだろうなと思い、買わなかったけど。

 今の写真はデジタルだからコストがほとんどかからないじゃないですか。昔みたいにフィルムを現像してと言う時代は、フィルム代からかかりますもんね。だから親が触らせてくれなかった。
 それにデジタルはダメなら削除すれば良いことだから、まったくリスクがないですよね。
 帰る時に嫁さんもついて行って花火を見てたそうなんだけど、花火まできれいに写メ撮ってたそうです。接写でも何でも設定を触って出来るらしいです。ホントに2才なのかって思いますよ。

 考えたんですけど、デジカメ一台子供に預けても面白いかも知れないなって思いました。うちみたいに高校生になると、携帯やスマホにカメラ機能があるから、さらにと思えば買えば良いことだけど、2才の子供がスマホで接写まで操るとは末恐ろしいですよ。


2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

七夕

 多くの地域は七夕だったんですね。
 ウィッキーペディアで調べたんですけど、日本古来の豊作を祖霊に祈る祭(お盆)に、中国から伝来した女性が針仕事の上達を願う乞巧奠(きっこうでん/きこうでん)や佛教の盂蘭盆会(お盆)などが習合したものと考えられている。そもそも七夕は棚幡とも書いたが、現在でもお盆行事の一部でもあり、笹は精霊(祖先の霊)が宿る依代である・・・と書かれていました。

 こちら旭川は天気が良くて昼間は暑かったぐらいでした。でもこの辺りは旧暦風(月遅れ)お盆の8月7日が七夕なんですよね。つまり、来月です。こちらの七夕は笹ではなく柳の木を立てて、短冊に願い事を書く事は同じでしょうが、子供達が町内会を「ローソク出ぁせ、出ぁせぇよぉ〜」と声をかけてまわっています。私が子供の頃はほとんどの家が本家で仏壇を持っていたので、ローソクと子供用にお小遣いかお菓子などをもらいましたが、今では町内会の各家庭で町内をまわる子供の人数分を、お菓子の袋詰めで用意してくれています。中学生までですかね。最近は子供が少ないので、高校生になったうちの子供達は、町内会をまわり終えた後に子供達と合流し、花火大会などをしています。

 北海道全体でもないみたいだし、東北の一部でも来月なんですよね。
 こちらではお祭りというような大きな行事ではありませんが、こういうことは意外と大切にしたい事だし、語り継いで行きたい事ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

桃の節句

 うちには娘がいないので、ひな飾りはしませんが、一応嫁さんとお袋がいるので、桜餅を買って食べる程度です。従姉妹のうちに行くと豪華なひな人形を飾っていました。私の家にないので、興味深く見てみると、人形とは言えすごい高そうな着物を着ているんですね。

 それにしても三月三日と言えば、桃の節句と言いますよね。子供の頃はなぜそう呼ばれるのかがわからなかった。だってこちらはまだ雪が多くて、花が咲くどころか木の葉もなく、桃だってないし・・・。

 でも調べてみると桃の節句の歴史は古いんですね。日本では平安時代にまで遡ります。
 桃の節句の由来は、平安時代の貴族が薬草を摘み、その薬草で体の穢れをお祓いして健康と厄除を願う「上巳の節句」が始まりとされています・・・と書いてありました。

 また昨日のラジオでキャスターさんが早く片付けないとお嫁に行き遅れるから、毎年お母さんに早く片付けてと頼んでいたと言ってましたが、実は片付けが出来ない娘は良いお嫁さんになることができないよという戒めの意味が込められているそうで、小さいうちは手伝ってもらって一緒に片付けるようにしてでも、自分で片付けるものらしいです。

 いずれにしても家族みんなでお祝いをする日だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)