2013年1月12日 (土)

「体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ

 朝日新聞デジタル 1月11日の記事です。
 今日は予定を変えて、この記事を全文掲載します。一昨日も書いた体罰の意見ですけど、こちらは経験者でもあり、一流のプレイヤーが語っている言葉です。子育てにも同じことが言える話だと思い、一人でも多くの人に目を通してもらいたいと思いました。

以下記事全文です。

 体罰問題について、元プロ野球投手の桑田真澄さん(44)が朝日新聞の取材に応じ、「体罰は不要」と訴えた。殴られた経験を踏まえ、「子どもの自立を妨げ、成長の芽を摘みかねない」と指摘した。

 私は中学まで毎日のように練習で殴られていました。小学3年で6年のチームに入り、中学では1年でエースだったので、上級生のやっかみもあったと思います。殴られるのが嫌で仕方なかったし、グラウンドに行きたくありませんでした。今でも思い出したくない記憶です。

 早大大学院にいた2009年、論文執筆のため、プロ野球選手と東京六大学の野球部員の計約550人にアンケートをしました。

 体罰について尋ねると、「指導者から受けた」は中学で45%、高校で46%。「先輩から受けた」は中学36%、高校51%でした。「意外に少ないな」と思いました。

 ところが、アンケートでは「体罰は必要」「ときとして必要」との回答が83%にのぼりました。「あの指導のおかげで成功した」との思いからかもしれません。でも、肯定派の人に聞きたいのです。指導者や先輩の暴力で、失明したり大けがをしたりして選手生命を失うかもしれない。それでもいいのか、と。

 私は、体罰は必要ないと考えています。「絶対に仕返しをされない」という上下関係の構図で起きるのが体罰です。監督が采配ミスをして選手に殴られますか? スポーツで最も恥ずべきひきょうな行為です。殴られるのが嫌で、あるいは指導者や先輩が嫌いになり、野球を辞めた仲間を何人も見ました。スポーツ界にとって大きな損失です。

 指導者が怠けている証拠でもあります。暴力で脅して子どもを思い通りに動かそうとするのは、最も安易な方法。昔はそれが正しいと思われていました。でも、例えば、野球で三振した子を殴って叱ると、次の打席はどうすると思いますか? 何とかしてバットにボールを当てようと、スイングが縮こまります。それでは、正しい打撃を覚えられません。「タイミングが合ってないよ。どうすればいいか、次の打席まで他の選手のプレーを見て勉強してごらん」。そんなきっかけを与えてやるのが、本当の指導です。

 今はコミュニケーションを大事にした新たな指導法が研究され、多くの本で紹介もされています。子どもが10人いれば、10通りの指導法があっていい。「この子にはどういう声かけをしたら、伸びるか」。時間はかかるかもしれないけど、そう考えた教え方が技術を伸ばせるんです。

 「練習中に水を飲むとバテる」と信じられていたので、私はPL学園時代、先輩たちに隠れて便器の水を飲み、渇きをしのいだことがあります。手洗い所の蛇口は針金で縛られていましたから。でも今、適度な水分補給は常識です。スポーツ医学も、道具も、戦術も進化し、指導者だけが立ち遅れていると感じます。

 体罰を受けた子は、「何をしたら殴られないで済むだろう」という後ろ向きな思考に陥ります。それでは子どもの自立心が育たず、指示されたことしかやらない。自分でプレーの判断ができず、よい選手にはなれません。そして、日常生活でも、スポーツで養うべき判断力や精神力を生かせないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

まずは自分がやる

 最近、ママになったタレントさんが子育てについていろいろ話している番組を見た。
 彼女は子供に手をあげる事があり、その事で悩んでいると言うものだった。
 それから何度か家庭の様子が出るようになった。

 前にも書いたような気がするが、私は子供を叩いたのは一度しかない。2歳ぐらいの時にティッシュに火をつけた時だった。これは許せないと思い、怒ったものだった。その時は教育だの、なんだのとは考えている余裕はなかった。

 よく子供を叩く人がいるけど、その時の気持ちってどんな気持ちなんだろと聞いてみたい。
 私は子供を自分の私有物だとは思っていない。しかし成人になるまで、いや私が死ぬ時まで、もっと言えば私が亡くなった後も自分の力で生きて行けるようにすることが役目だとは思っているが、私より下の身分だとか、私の言う事を聞かすんだと言う気持ちはあまりない。一人の人間として接しているつもりだ。

 私は自分の子供だから叩いても良いとは思わない。
 息子が言うには、あの時叩かれた事で・・・と言われるので、結果的には良かったのかなとは思う。しかし私が叩いた時の気持ちって、怒りしかなかった。とっさの事で教育だの可愛いだのと言う気持ちは全くと言って良いほどなかった。理由は後付けで、落ち着いたころ説明した。

 知り合いの飼育係がよく言っている事だが、動物を叱る時、冷静にならないと相手に怪我をさせたり、殺したりする事がある。動物にもよるが、痛い思いをさせる事よりも、こいつは怖いと思わせるオーラを出してないとダメだと言う。
 私も全く同感である。

 自分の価値観だけで早くして欲しいとか、もっとこうしろと思う事はあるが、子供を叩くと言うのは、自分のイライラを子供にぶつけるだけだと、私は思っている。
 私は自分の子供が言葉を覚えはじめる前から、何でも説明をして納得させていた。そのせいか、駄々をこねられた事がないし、特に言葉を荒げたり、手をあげなくても、こちらの希望を聞いてくれる。

 ただ子供はリモコンではない。自分が楽をするために、子供にさせようとすると、子供にはわかる。だから自分がまずやる事なのだと思う。うちはそれで真似をしてくれるようになったり、手伝ってくれたりするようになった。
 しかし人間はみんな性格が違う。うちのやり方が正解だとは思っていないし、もっとこうするべきだったと思う事もある。
 でも私は暴力に冷静さはないと思っている。躾をするというより、親がやってみせる事で、子供が良いか悪いかを判断すると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

粉ミルクには軟水

 昨日はちょっと遠くに住んでいる義姪が、先月生まれたばかりの赤ちゃんと2歳のお兄ちゃんを連れて遊びにきました。
 それにしても暑い日で、よくこんな日に連れ出せるなぁと思い、ヒヤヒヤしていました。
 うちの息子達も8月上旬と6月末なんですけど、アトピーがあったので、なるべく汗をかかせないように気をつけていました。
 動物園見たり、中富良野のラベンダーや花火を見て帰るんだそうです。

 育児に関しては色々勉強したらしく、自分は好き嫌いが多くて病気がちなので、母乳による栄養不足を考えて、粉ミルクにしているとのこと。お湯を持ち歩き、水はミネラルをーターでと、荷物もたくさんです。余談ですが、今の粉ミルクって圧縮されたブロックになっているんですね。知らなかったです。あれはコンパクトで良い物だと思いました。
 しかし粉ミルクには軟水が良いと言うのは知らなかったようでした。そもそも軟水・硬水という言葉自体を初めて聞くと言ってました。

 軟水・硬水って、早い話がその水のミネラル分の濃度の量によって、WHO(世界保険機関)の基準として定められているものなんですよね。
 水に含まれるミネラル分のうち、カルシウムとマグネシウムの含有量を目安にしています。

 最近の飲料水としてのミネラルウォーターでは、およそ100以下を軟水、100~300を中硬水、300以上を硬水というようになってきています。
 ただWHO(世界保健機関)が飲料水の水質基準として定めた区分では以下のようになっています。
 軟水:60未満
 中軟水:~120未満
 硬水:~180未満
 非常な硬水:180以上

 じゃあ、粉ミルクは軟水でということなんですけど、子供は内蔵がまだ大人ほど強くないし、特に腎臓に負担がかかるんですよ。

 調べてみると、いろいろ他にも書いてあるホームページがありますから、赤ちゃんのミルクだけではなく、妊娠中の方、料理や飲み物にこだわる方はどの水が良いのか、参考にしてみて下さいね。


ミネラルウォーター&炭酸水を比較しよう
http://mineral-waters.net/

価格の参考に
Amazonのミネラルウォーター


2012ロンドンオリンピック 日本人選手応援しています!
日本がメダルを獲得した翌日の正午から24時間、値引きキャンペーン
オリンピックで日本人選手がメダルを取ったらこちらをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月30日 (土)

学生の職場訪問

 旭川市内にある江丹別(えたんべつ)中学校の生徒さん2名が職場訪問の一環で旭川空港を訪れ、色々な体験をされたようだ。パイロットや整備士、客室乗務員などから色々な説明を受けていたニュースを見た。

 こう言う取り組みは非常に大切な事だと思う。私は小学生の時にこう言う経験をして夢を目標に変えて現在に至っている。

 今は昔から比べると色々な選択肢があると思うが、その前に知識がなければ選びようがない。私は知り合いの教員に、受業にその道のプロの人を呼んで、児童や生徒の前で自分の仕事についてや夢を語ってもらえばどうかと言っている。難しくて社会に出ても使うか使わないかの知識を詰め込むくらいなら、色々な仕事の話を聞いて、たとえその仕事に就かないとしても立場ややっている事はわかると思う。実はその事が大切なんだと思う。
 私の大好きなアナウンサーが取材の時に「世の中の仕組みがわからないとダメなんだ」と教えてくれた事があった。その話はアナウンサーとしてという事だったが、なにもアナウンサーだけには限らない事である。

 多くの人間は衣食住を全部自分でなんとかできる動物ではない。それぞれの専門家がいる。それを直接的に生きるという事には関係ない事でも、他の人の為になるような事をして、お金という物をもらい、そのお金で生きていける事が出来る。

 うちの親は稲作農家で自分が一番大変と言う考えの人だった。だから私の仕事なんか「遊んでお金がもらえる」と言った事があった。確かにそうなのかも知れないが、でも親父より私の方が多くの人や自然保護、環境保護などに貢献していると自負できる。だからといって、どちらが良い悪いの問題ではないのだ。昔はそう思った事もあったけど、最近では仕事という物に対して、自分が出来る事をやって少しでも社会貢献して、さらには日本人の三大義務を果たしていれば、合格かなと思っている。

 夢の大きさは知識の大きさだと思う。夢から目標に変わる。目標があれば努力できる。
 そのために夢の幅を小さいうちから広げてあげるのが大人の仕事だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

殴ればすむ問題ではない

 ちょっと出かけてみると、子供と喧嘩している親が多いものだと思う。正確には喧嘩ではなくて、権力で押さえつけようとしているように思う。
 私はそう言うのを見るのが嫌な方だ。
 喧嘩と言うのは見ていて気持ちの良いものではない。一番残念に思うのが、両方とも自分の意見を強要しているだけで、お互いに冷静になっていない。実は昨日スーパーで見た親子喧嘩は、腹が立った親が子供を押し付けた事で、私の体に子供がぶつかってきて、私が持っていた買い物かごを落としてしまうほどだった。それでも親は私には謝らない。まず親が問題だと思った。その親が何を教育できるんだろう。

 どうして子供だと言っても、ひとりの人間の意見として聞けないんだろうと思う。これは子育てだけではない。会社などでもハッキリ言って、大した事ない先輩は後輩の意見に対して、軽くあしらったり、笑いですましたりで相手にしてくれない。もっとひどい時は怒鳴ってきたりする。だからいつまでも成長出来ないんだと思う。それとは逆に、どうしてそう考えるんだ?とか、それをする事によるメリットは?と聞いてくる先輩は、実は色々な事を知っているし、多分私が言った意見は想定内の考えの中にある事が多いと思う。

 子供とは言っても、同じ目線になって、向こうの言い分を聞いて、こちらの言い分を言えば良い事だけだと思う。よく面倒だとか、お前みたいに気の長いヤツなら出来ると言われるが、私は決して気の長い方ではない。せっかちで短気である。しかしこちらの意見を正確に伝えようと思えば、そんなに大変な事ではない。
 例えば子供がものを欲しがる時って意外とその場だけの場合が多い。それに対して後で買ってあげるとその場しのぎをすると、意外と覚えているものだし、その約束を守らない親に対して反感を持つ。
 強引に「行くよ!」と引きずってその場を逃れると、大声で泣いている事が多いが、それは買ってもらえない事よりも、自分の事をわかってもらえない悔しさや寂しさの方が大きいはずだ。

 うちの息子はだだをこねて困ったと言う経験がない。普通の子だったから、店に行って物を欲しがる事もあった。その時はまず一緒に「おっ、それ良いかもね」と言う。少ない金額の時は、その場で決めないで、他にも用事があるんだけど、一緒に付いてきてくれるかい? と言ってから、その場を離れる。用事の内容や目的を話して、今日持ってきているお金の額を子供にも教える。そのあとで、用事が終わってお金が残っていれば買うから、まだ欲しいと思っていて、お父さんが忘れているようなら教えてと言っておく。それで用事を決める時に、お前からも意見があれば教えてくれないかと言う。そうすると、子供は得意になって、用事に付き合ってくれる。用事が終わった後は、当然子供もいくら残っているのかがわかっているわけで、子供なりに考えるんだと思う。それでも欲しがる時は買う。お財布事情や時間をおいても気持ちが変わらなかったと言う事だし、それは私から言った約束だから。またそう言う時に買ったものは、意外と大切にする。
 大きなものの時も、同じように財布の中を教える。そこで今回はどうしてもお金が足りないんだ、でも気持ちはわかったから、お父さんからお母さんと相談してみると伝える。そこで嫁さんから、今お金がないんだけど、来月のお給料が出た後でも良いかなと子供にお願いする。お金があるとかないとかは問題ではない。まず一息つかせて、冷静に必要かどうかを考えさせるためだ。その時にまだどうしても欲しいと思っていたり、二人が忘れていて声をかけない時は教えてと言っておく。

 うちの場合は親がしっかりしていないと思われているのか、逆に心配される事が多くなった。光熱費などを少しでも浮かせようと考えた時は、何か良い方法がないかと逆に子供に聞いてみる。その結果、厚着をしてストーブを省エネにしてくれたり、必要のない電気を切ってくれたりした。水の大切さも教えていたから、蛇口を最大に開いたり、流しっぱなしにして使う事はほとんどない。新聞のチラシを見て、ここが安いみたいと言ってきた事もあった。

 ただそんな中でも、ここが大人と子供の違いなんだと言う事は教えてきた。
 国民の三大義務である。わざわざ書く事でもないですけど、勤労、納税、子供に教育を受けさせると言う事ですよね。この日本人の義務を小さい時からわかりやすく話してきた。だからまだ人から給料をもらわないで、税金を納めていないと言う事は、まだ一人前じゃないと認められてないんだと言う事だ。その義務を果たしてから、大人のやり方や地方自治、国などに意見する事が出来る。それでも意見があるのなら、学校に行きながら働いて、税金を納めてから言えと伝えてある。それまでは家族と助け合いながら仲良くしていないとダメなんだと言う事だ。

 子供だからと言っても話せばわかる。向こうの気持ちも「どうして?」「なんで?」とゆっくり聞いてあげれば良いと思う。子供の考えはある程度わかるし、そこでこちらの立場も気持ちを込めて伝えればわかってもらえる。でも言うからには自分もしなければいけない事で、良い意味での緊張感がある。

 この子育てが100%正しいとは思えない。意外と打たれ弱いかなと思う事もある。それは私の失敗した部分でもあるので、これから直していきたいと思う。
 基本は意地悪しないで、仲良くという事だと思う。そのためには子供の意見も理解してあげる事が必要だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

可愛いから叩く??

 小学校の頃の先生に言われた言葉だ。
 そういえば最近買い物に行ったらそう言って叩いていたお母さんがいた。

 私、どうしてもその気持ちがわからない。可愛いとか愛のムチというのは自分を正当化する言い分で、手を上げるときは本当に腹が立ってその怒りの矛先を相手に向けているだけだと思う。

 亡くなった祖父が兵隊に行った時に上官から当たり前のように殴られたと話していたが、権力を振りかざしていられるうちは逆らえなかったらしいが、終戦になったらその上官は仕返しを恐れて可愛そうだったと言う。実際に家に火をつけられたり、飲んだ帰りに集団で仕返しされたと言うこともあったようだ。そういう時代だったと言えばそれまでだけど、祖父の話ではロシアの兵隊はポケットに手を入れながら、上官の話を聞いていたということに違和感があったと言っていた。

 話が逸れましたが、自分の苦い経験上ですけど、腹が立った時こそ冷静にならなければいけないと思う。叩くことで相手が理屈を理解するわけではない。叩かれるからやめようと思う。ところが本質はそうではない。悪いことだからやってはいけないのだ。それを理解させない限り、見えないところではやる可能性がある。

 お前が可愛いから叩くんだ! これって本当だろうか? もう少し冷静になって何が重要なのかを考える心の余裕が欲しいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)